ピーター 第2期終了

ご無沙汰です。
新学期は怒涛の保護者会ラッシュですね。

ロビンはただ今中間試験真っ最中。

2年間、何を習得したのか、
いまだに試験中でもおかまいなく10時就寝。
もう知らんがな。

さて、ピーターは早くも、塾の6年生第2期終了です。
(今週はカリテ週間。)
いまだにプリントの山に囲まれております。
           ↑
         整理ベタ

GWに、社会の先生に特別に出してもらった
地理のプリントもどこへやら・・・。

さすがに第3期からは手を出さねばなるまいのう。
とはいえ、ロビンのころと比べて
私は全くほとんどノータッチなのです。
何のテキストを使って、今どこの単元なのか?も知らない。
今更関わろうものなら「うっさい!」と言われてしまいます。
春休みに子ども部屋の整理をして
サピの教材やら、なんとなくとってたものを捨てました。
例えば「知識の535」とか「難関中学の算数」とか

やる暇ないっての。

あと、参考書の類。
これは、主に私が教えるときの参考に買ったようなもので
ロビン自身は使いこなせなかった。
これも処分しました。
残したのは「裏技」系ですね。
あと、理科の場合、参考書よりも断然使えるのは

「理科辞典」です。

これがあれば大抵のことは載ってるし
(少なくとも中受レベルは完全網羅。)
高校理科の予備知識レベルにもなる。
詳しいけれど、明確。
そしてなんと、オスカー(5歳)の好奇心にも
対応可!!使えるんです。
これは買いでしたよ。
一家に一冊「理科辞典」

値段分は完全にとりました。

最近のピーターの生活は
徐々に、やっと、受験生に近づいてきました。
GWまではどうなるかと思ったんだけど。
すでに毎日曜日は、志望校をターゲットにした授業が
一日中入ってるので
結構きついと思うんですよね。
9時半からお昼ご飯挟んで6時半まで。
その後、8時まで自習室で残ってきます。
ほぼ自主的。

平日の、塾のある3日は
9時半に授業終わって10時頃に帰宅。
以前も、塾のない日は、二時間くらい自習室に行ってたけれど
最近はお弁当持ちで4時間くらい粘ってくる。
土曜日はピーター自ら選んだ選択授業。
これはある週とない週があるのだけど。

全く文句も言わずに行ってます。
ビックリするくらい弱音はかない。
ロビンは やれ面倒くさいだの疲れただのと言ってたが…。
ピーターは雨が強い日に
「車で送ってくれたらなぁ~。」と大声で(w)つぶやくくらい。

その成果が徐々に表れたのか?
算数の確認テストで一位をとってきた。
S先生が表彰状まで丁寧に作ってくださって。
これは相当嬉しかったみたい。
上手いなぁ~S先生はイニシャルじゃなくて「サド」ってことで(笑)
飴と鞭がものすごく絶妙。

多分、今すごく気持ち的に前向きなんだろうなぁ。
全く関わってないので、理由は判らないんだけど。

志望校ターゲットの授業で
あまりの難問にしょげるかと思いきや…
結構楽しんでるんだなぁ。
さすがに算数と国語はテキストを見ると
書き直しの嵐!!
丸はほとんどない状態なんだけど。
(志望校は難問はないんだけど
 応用ができない奴は解けない…)

「大丈夫?」と聞くと
「けっこう難しい。でも平気。」
と、飄々と返してきた。
図太いのが良いところだね。

学校の方は、今週は運動会。
みんなに応援団長をさんざん勧められたのに
「休み時間遊べないのはやだ !!」
と、断ったそうで
担任の先生も
「声が大きいから 折角見せ場なのに。
 でも、勿体ないけど、彼らしい。」
と、苦笑いしてらっしゃいました。
でも、騎馬戦では大将をやることになり
組み立て体操でも櫓の頂上をやらせてもらうことになりました。
これは、体重の軽い子がみんな「高所恐怖症」だったから。
彼の一番の残念は、
一度もリレー戦に出られなかったこと。らしい。
へぇ~知らなかった。
最初からあきらめてるかと…。

週末の予想は晴れ。
最後の運動会。
悔いのないように、そして沢山思い出を作ってほしいな。
お弁当作り、頑張るからね!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

びーびーだん
2010年06月05日 01:10
おひさしぶりです!
ふらふらと立ち寄ってしまいました。
我が家も長男(中3になりました!)は、もうほったらかし。
校内で低空飛行ですが~もう勝手にやってくれ状態。
長女(小5)も通塾中ですが・・こちらは長男以上に手強く~・・
でものんびりムードでマイペースで宿題こなしています。
以前はなにかとカリカリしていた私でしたが、なんだか冷めたというか
悟ったというか~びっくりするくらいの点数(偏差値)とってきても
あせったり悲しんだり、動揺もしなくなってしまいました。
(いいやら、悪いやら・・・・なんですが。)
でも結局、今後の人生は子供たちのもの。
母がどうあがこうと自分で乗り越えていってもらうしか
ないのだと思ったら、なんだか楽~な気持ちになっちゃいました。
まったく~3年前の私が嘘のようです。

2010年06月11日 00:25
びーびーだん様、お久しぶりです
忘れずにいてくださいましたか(笑)
なんでしょうね、このお気楽加減。
子どもの性格にもよるのでしょうが、
正直、あんだけガツガツやってても、
数年たって今の姿を見たら何だったんだろう?って。
タイムマシンがあったら、あの頃の私に言ってやりたいです。

「期待すんなよー

って。
二男のピーターは面倒くさい性格なんで
私の思うようには動いてくれません。
これって第二子の特徴ですかね?
中学受験ですべてが終わるわけじゃないんですよね。
私は中学受験勉強は、中学の準備ってくらいに考えています。
偏差値よりも学ぶ姿勢と言うか
勉強って厳しくて、大変で、でも先には何かあるって
それが判れば十分かなって。
公立小学校の勉強では、そこまでは経験できないので。
塾選びって大切ですよね。

この記事へのトラックバック